五十肩・四十肩の治療

五十肩とは

肩周囲を動かすと痛い、腕が上がらない、エプロンのひもが結べない……そんな症状がある人は、もしかしたら「五十肩」「四十肩」かもしれません。

 

五十肩・四十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれ、肩関節まわりにある関節包や腱板が炎症を起こして肩に痛みを感じた結果、関節の動きが痛みで制限される疾患です。

 

医学的には、特発性拘縮肩や特発性凍結肩(とくはつせい・とうけつかた)、海外ではフローズンショルダーと言います。

 

中年以降に発症するのが特徴で、40代~50代の女性に多く見られます。
40代で発症したら「四十肩」、50代で発症したら「五十肩」と呼びます。

 

一般的には五十肩の原因は、加齢による肩関節を構成する組織の老化や血液循環の悪化だといわれています。

最近では、肩関節まわりの「異常な血管」が影響していることも取り上げられています。
五十肩や肩こりなど、治りにくい痛みは関節の近くに、「モヤモヤ血管」が新しく作られていることもあります。

 

人体の構造上、血管が増えるとき、神経も一緒になって増えていきます。
この余計に増えた神経から、痛みの信号が脳に送られることが、五十肩の痛みの原因と考えられることもあります。

 

 

五十肩の特徴は長引く肩の痛み

五十肩の症状の特徴は、特に大きなきっかけがなく肩に痛みが発生して、徐々に痛みが増すことです。
実際、1~2年で自然と治ることが多いです。

 

五十肩は、明らかな怪我がきっかけで炎症が起きるというのではありません。
転んで手をついたとか、手を伸ばして棚の上の物を運んだなどの動作がきっかけとなり、しばらくしてから五十肩となることが多いようです。

 

肩周囲の痛みは、数か月以上かけて少しずつ、時には急速に進行します。

はじめはなんとなく肩に違和感がある程度だったものが、肩を少し動かすだけでとてつもない痛みを感じたり、夜寝ていても痛みで起きたりするようになります。

 

痛みのために僅かしか眠れない状態が、数か月から1年以上続く人もいます。

日中に体を動かしているときに痛みを感じなくても、夜寝ているときに痛みを感じる方もいます。

 

 

五十肩は自然に治る?病院を受診する目安は?

肩に痛みを感じたら、すぐに病院を受診すべきなのでしょうか?

 

五十肩の病期は3つに分けられ、一般に発症から約2週間の「炎症期(急性期)」、その後約6か月の「慢性期」を経て「回復期」に至ります。

 

五十肩になると、痛いのに無理に肩を動かそうとする人がいますが、痛みの強い炎症期は刺激に対して過敏な状態です。

まずは安静にするのが一番です。

無理に動かすと、炎症が増して治りにくくなります。
炎症期が過ぎれば、日中の痛みは徐々に落ち着いていきます。

 

重症の場合、適切な治療を受けないと、最低でも1年以上は痛みが続きます。

また、徐々に肩を動かせる範囲が狭くなり、洗顔ができない、服が着替えられないなど、日常生活や仕事にも影響が大きくなっていきます。

 

そうならないためにも、重症化する前に適切な治療を受けることが大切です。

 

五十肩の症状チェックリスト

 

・バンザイをして腕を上げていったときに、頭の上まで手が上がらない
・ズボンの後ろポケットに手を入れるのがつらい
・夜寝ていて肩に痛みがある(夜間痛)

 

この3つがすべて当てはまれば、五十肩である可能性が極めて高いです。

 

腕が上がらない、肩が動かせない、といった動きの制限の度合いが強い人ほど重症です。

また、夜間痛が強い場合も、すでに重症になっていると考えられます。

早めに病院で検査してもらうことをお勧めいたします。

 

 

五十肩と肩こりの違いは?腱板断裂など似た症状の病気も

五十肩・四十肩の肩の痛みを肩こりと勘違いする人もいるようです。

五十肩は関節の炎症があるのに対し、肩こりは炎症は起きていません。

肩こりは筋肉疲労による症状なので、凝りがひどくて痛みとして感じることはあっても、肩はある程度自由に動かせます。一方、五十肩は痛みとともに肩の動きが制限されます。

 

炎症が続くのはよくありませんので、炎症が治まるようにしていくのがいいです。(炎症を治める方法は後程書きます。)

 

肩を動かそうとすると痛いのであればすべて五十肩であるというわけでもありません。

腱板断裂や石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)などもあるため、病院で手術や注射で治療することも必要かもしれません。関節リウマチということもあるかもしれません。

五十肩の場合、レントゲンでは異常は見られません。

 

 

五十肩の治療は薬物療法・運動療法が基本

関節の痛みで受診する診療科目は、整形外科が一般的だと思います。

もみほぐしやマッサージなどを利用する人もいるようですが、特に痛みが強い炎症期は神経が過敏な状態のため、肩関節まわりを過度に刺激するのは控えたいです。
我慢できないほど痛みが強い場合は、整形外科など病院の診察を受けることをお勧めいたします。

 

病院では、痛みを抑える湿布や鎮痛剤などの薬物療法を基本として、痛みが治まって来た時に理学療法士がリハビリやストレッチなど肩関節の可動域を広げる運動療法を実施するようです。

また、温熱療法・電気治療を取り入れる場合もあるようです。

五十肩の治療で手術になるケースは少ないようです。

 

五十肩の予防に体操などで肩関節の可動域を広げることも可能

https://youtu.be/q8mND9LG_gc
この動画では肩こりと言っていますが、五十肩予防にももちろんなります。

 

軽症の五十肩の場合は、上のエクササイズで肩関節まわりを動かすだけでも、痛みを軽減させることができることもあります。

ただし、軽症の場合でも肩を動かすのは、あくまで炎症期が過ぎて痛みが減ってきてからにしてください。

夜寝ている時に痛みがあるなど、炎症が強いときは、無理に動かさないでください。

 

 

当院での五十肩・四十肩の治療

当院での五十肩・四十肩治療は週1回の来院ペースで10回前後の施術をして改善していくことが多いです。

もちろんそれは患者様の本来の身体に戻すために必要な期間です。 

 

当たり前の事が見過ごされて、症状の改善に直接関係ない部分を盲目的に信頼し過ぎて翻弄されてしまうと治らない道に入り込んでしまいます。

 

治療では必要な所にフォーカスすると身体がその瞬間からポジティブ方向へ変化します。

 

 

最後まで目を通していただきありがとうございます。

 

太田市の重症症状を回復できる整体
整体院福粋-ふくすい-

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

今すぐ
ご予約頂けますと
初回 カウンセリング+施術が

初回限定

予約多数の為先着6名のみ

→残り

※只今ご予約が非常に取りにくくなっております。
早期にキャンペーンが終了することがございますのでご了承ください。

LINE@友達追加