坂本紹介

「ありがとう」と言われるとありがたい

坂本院長

「あれだけどこにいっても良くならなかった私の腰が、先生に施術してもらってから気付いたら中腰で家事をしても大丈夫になりました!

「先生のお陰で膝が良くなったので、家のことが随分できるようになってきました。

「整形外科の先生に手術を勧められてどうしようか困っていたのですが、手術を回避できました!今でも信じられません。骨がズレていて元に戻らないはずなのに!」

苦労を何回も繰り返し山あり谷ありの生き方をしてきましたが、最近はありがたいお言葉を頂くことが多くなりました。

整体を始めた時は目だけギラギラしていてとても「楽しい」なんて言える整体ではありませんでした。

ずっと「整体とは」を追い求め、さすらう日々でした。

感謝を生んだ整体

「一部の人には効果をバツグンに出せるのに、一部の人には全く効果が出せない」

そんな賭け事みたいな整体はやりたくない、とその難題をどうにかしたい一心で整体を追い求めてさすらっていたのです。

 

振り返ってみると何か大きな力で勝手に修行させられていたような道のりを辿ってきたように感じます。

探求していくと整体なのに身体から調べるべきことが遠くなっていくのです。

「整体師なのに関係ないことばかり調べているな」と思いながら色々調べ続け今に至ります。

 

もちろん、冒険はこれからも続いていきますが、私が整体に出会ったことは本当に感謝しています。

私は整体に出会っていなかったら、どうなっていただろうか‥と思うこともあります。

 

整体に出会うまでの私に関わってきた人たち、これから出会っていくであろう人たちも大切な人間関係です。

 

以前の私は技術さえあれば整体で上手くいくはずだ、と思っていました。

 

技術を求め、心が折れる。

その繰り返しをしていたのです。

 

以前、整体学校ではいつも先生から「坂本君は筋がいい」と言われていたので整体を習い始めた頃から有頂天だったのかもしれません。

 

「技術だけ確かな物があればやっていけるはず」という考えの裏には「自分は人付き合いが苦手だから患者さんとは極力話したくない」という心理があったのです。

患者さんとは関わらず、患者さんの身体に手技だけを施す整体をしていた時期が随分あります。

 

その時は気付かなかったのですが、技術だけに拘った結果、好きな整体で苦しむことになったのです。

 

しかし、好ましくないことが起こったからこそ、好ましいことがコントラストとしてはっきり分かったのです。

 

ですので、整体を通して関わったもの全てに感謝です。

治療家として濃密な瞬間

患者様

患者さんのお身体が良くなっていく事に喜びを感じます。

患者さんのお顔が来院の度に晴れやかになっていく事に喜びを感じます。

 

その為に時間があれば上手くいかなかった治療を思い返しては、分析を繰り返して治療技術を磨いてきました。

小さな〝気付き〟として自らの治療を変化させたり、他者の考えを学ぶことで飛躍的に進歩する瞬間もあります。

 

情熱を持って続けていくことでその先が開けていく感覚を感じています。

 

ただ「このままでいいか」とも、何度思ったかしれません。

 

止まったこともありましたが、まだ見ぬ世界へ踏み込んでいきたいのは、初めての体験をした時の高揚感を感じたいからなのかもしれません。

 

患者さんの中に必ず不調(結果)を出す原因があり、その原因を探し出す為にあらゆる手を尽くす。

 

全開の坂本安楽でなければ、面白くないのです。
ギリギリの整体でなければつまらないのです。

簡単に治せてしまう腰痛はつまらないのです。

 

一方で、
もっと心の奥底で私が求めていることは、患者さんの声に耳を澄まし患者さんの気持ちに目を向け、患者さんの身体からの訴えを患者さんが聞くことができない代わりに私が聞くことです。

 

患者さんがやりたいことは、一生懸命に私に訴えて来られますが、患者さんは患者さんの身体とは対話できないので身体に負担が掛かる生き方をされるのです。

 

なので今の所代理で私が聞くしかないのです。

 

患者さんの望みと患者さんの身体の望みの一致が健康な状態なのです。

 

その結果、患者さんの笑顔が増えていく‥。

患者さんの笑顔が増えればやがて笑顔がもっと増え、幸せな人が増えればどんどん幸せな地球になりますよね。

その方がいいな、と思うのです。

整体に興味を持ったのは今から10年以上前

整体に興味を持ったのは私が会社員時代でした。

整体を始めた頃は私がまさか整体で治せないはずの腰痛、膝や股関節に効果を発揮できたり、心の問題からくる症状にも整体で介入できるようになるなんて思ってもみませんでした。

患者さんが立っていても整体できるし、座っていても整体できる。軽い腰痛なら数分です。

「自由さ」を求めていたらとりあえずここまで来ました。

病院で祖母と過ごした時間

私が整体を学ぶ前から、祖母が膝と股関節の不調で整形外科にいくつか通っていました。

祖母の病院の送り迎えなどをして見守っていたのですが年単位で祖母の関節が悪くなっていったのを覚えています。

 

そのような生活がしばらく続き、寒い日の朝、祖母は倒れ救急車で病院に運び込まれ、病院で脳梗塞との診断を受けました。

緊急入院

そのまま祖母はその病院に緊急入院です。

祖母はそれから数週間、点滴されほとんど眠ったような姿でしたが、お医者さんや看護師さんの方々に祖母の回復を手伝っていただき、日を追うにつれ意識を取り戻し声が出せるようになり食事もわずかですが食べられるようになって回復していってくれました。

 

その当時の私は、会社で仕事を終えて整体学校に行く前に病院にお見舞いに、祖母の手足にツボ療法を行っていました。

 

脳梗塞の発症後は身体を動かして回復に努めなければ退院後大変になると聞いていたので、入院中にできるだけ手足を動かしてもらって、リハビリが上手くいかなかった場合、家に帰ってからはどうサポートしていくか、を母と話したりしていました。

おばあさん

季節はあっという間に桜の開花の頃になりました。

祖母の会話も食事も表情も、補助具を使っての歩行も順調に回復してそろそろ「一時帰宅」の文字も見えて来たある日の真夜中、春には珍しい雷が激しく鳴り響きました。

 

雷が静まった後、深夜の自宅に電話が鳴り響きました。電話は病院からでした。

 

担当の看護師さんからで院内のベッドで祖母の脳梗塞が再発した、とのことでした・・・。

 

私たちが駆けつけた時には回復しかけていたにこやかな祖母はそこには居なく、酸素マスクを口に当てられた、目を背けたくなるような状態の祖母が居ました。

 

祖母の痛ましい状態は次の日まで続き、その日からまた最初に入院した時に入った病棟に逆戻りし、脳梗塞の急患専用の病室に祖母は運ばれてしまったのです。

 

祖母の昏睡している横で私の母が1ヶ月前までお世話になっていた看護師さんに「出戻りです。また母がお世話になります。」と涙ながらに言っていたのを思い出します。

 

祖母はその病院に最終的に3か月半入院していたことになります。

最初の病棟に戻ってしばらくして祖母は天国に旅立ちました。

 

私は祖母に何もしてやれなかった事実が残りました。

 

脳梗塞を起こす前、足腰を悪くしていた祖母を乳母車無しで歩けるようにもしてやれなかった。

病院には孫としてお見舞いに行き、元気付けに私の顔を見せに行っただけでした。

 

これがどうにもできない老いや運命というものなのか‥。

祖母はどうして病気になったのか?

私が幼い頃、祖母と祖父が田んぼで稲作をしている時、幼い私が小さな用水路を渡れないでいるとおばあちゃんが後ろから「ほっ」と私の脇を抱えて飛び越えさせてくれたり、川にいる生物が私は好きだったので一緒にアミで救ってくれたり、思い出していました。

私が青年になり、祖母は身体の不調の初期段階で、「膝が痛い」と言っていました。

数日おきに整形外科に通っていたのを覚えています。

 

その後、常に股関節が曲がった状態で脚を動かそうものなら股関節に強い痛みが襲ってくる‥という状態に陥っていたのです。

 

我慢強い祖母ですので、一緒に暮らしていた私たちは「痛いんだな」くらいの印象だったと思います。

 

そういう状況から歩くのが困難になり、フラストレーションでお茶菓子の量は増えていき、当然、血の濁りが血液中に血栓を作り、糖尿病になっていく‥。

 

「おばあちゃん、運動した方がいいんだよ」と声を掛けることも多くなっていました。

そして血液の濁りが続き、当然のごとく脳梗塞の発症。

 

祖母は病気になるべくしてなったのです。

 

傍にいながら、それに気付けなかったのかもしれません。

祖母のプレゼント

ある程度期間が経ってから祖母と一緒に過ごしていた時の事を考えてみると、祖母から私への気付きをもらったように感じます。

 

祖母は足腰を悪くして病気になったのです。

もちろん、その前は元気だったのです。

 

祖母が元気なままだったら、恐らく健康を感じづらかったかもしれません。

 

健康がずっと続いていたら、健康を感じづらいはずです。

健康という幸せが生まれた時からあったら感じづらいかもしれません。

健康が当たり前だった。

 

でも、祖母は健康ではない状態も経験しました。

 

その不調を経験したからこそ健康を感じることができたのかもしれません。

 

祖母は健康な時に健康に見えましたが何か負担になることがあったのではないか、と推察されます。
その負担が増えて関節や筋肉に負担を掛けて、そのストレスも更に加わり内臓にも負担を掛けて病気になったのではないか、と思うのです。

 

祖母はそのまま亡くなってしまいましたが、健康に引き戻せた可能性はあります。

祖母の最初の不調の時点で今の私なら気付けるはずです。

気付くタイミングが遅ければ、病気の勢いは強くなっているので戻ることは難しいかもしれませんが。

患者さんに伝えたい

今のあなたに不調があることで健康だったことを感じることができると思います。

 

私の祖母の話を読んでいただいたと思いますが、そこでは「不調は結果で、原因が奥にある」と分かっていただいたと思います。

 

ですので、健康体になろうと思うのでしたら、原因に目を向ける必要があります。

 

人によったら「風が吹けば桶屋が儲かる」的な難解なパズルもあるかもしれませんが、必ず原因があります。

 

なので、あなたがどうしたいか決めて行動していただければ、ミリ単位でもメートル単位でも移動できるはずなのです。

 

あなたの身体はあなたが決断しないと変化は起こりません。

 

もちろん、今から健康のことや整体を学ばれるものいいかと思いますが、ここにあなたのサポート整体師がいます。

 

空から槍が降って来ても、あなたの見方です。

 

これが私の治療方針です。

坂本院長

当院に来られましたら、ただ力を抜いていただきたいです。

整体中の雰囲気を楽しみましょう。

 

あなたはきっと大丈夫です。

整体院福粋へのアクセス情報

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

今すぐ電話

LINE@友達追加