赤ちゃんを産んでから恥骨が痛い

恥骨の痛みで恥ずかしい思いをせずに患部には触れず整体で改善することができます。

当院の考えを書いていきます。

恥骨痛の症状の特徴

妊娠、出産によって恥骨や股周辺が痛くなることがあります。

立っていたり歩くことで痛みが出ることがあります。

激痛で歩行できなくなる方もいます。

病院での恥骨痛の治療

病院ではレントゲンを撮ったりMRIやCTなどで骨盤の状態を画像検査します。

恥骨痛の状態では恥骨結合炎や恥骨結合離開と診断されることもあります。

 

病院では保存療法や痛み止め、骨盤ベルトなどによって症状の緩和を図ります。

 

病院で痛みが治らなかったら当院へお越しください。

恥骨痛になぜなるのか?

恥骨は骨盤の一部です。

腰は体重を支える役割を果たし、さまざまな動作や運動に対応するために強力な筋肉や靭帯、骨盤になっています。

腰は体の要になり機能しないと日常を送りづらくなります。

 

まず出産を境に恥骨に痛みが出る要因を解説します。

出産時期の女性ホルモン

出産時期の母体には「リラキシン」という女性ホルモンの分泌量が増えます。

そのリラキシンによって、骨盤や靱帯が緩まります。

 

母体では赤ちゃんをお腹から外に出す為に、産道を赤ちゃんがスムーズに通れるように必要な働きが起こります。

産道が広がる

産道は、出産時に赤ちゃんの通る経路のことを指します。

具体的には、子宮頸部(子宮と膣をつなぐ部分)、膣などで構成されています。

 

分娩が進行すると、子宮の収縮と母体の骨盤の変化によって赤ちゃんが通るための産道が徐々に開かれます。

そして赤ちゃんの頭部や体が産道を通って出てくることができます。

靭帯が緩んでいる

 

赤ちゃんは生まれても、母体はまだ変化の途中です。

産前・産後は母体が柔らかく繊細になっているので体の機能が通常の状態に戻るまで、体に負担(仕事や家事)を掛けることは健康上厳禁です。

特に出産後は1~2か月は家事さえしないでゆっくり赤ちゃんと過ごすことが母体を健全に回復させるには必要です。

 

体の強い人をベースにした西洋医学などではもしかしたらその部分は無視されているかもしれません。

弱い体に負担

産前・産後に負担が掛かった生活をしていた場合、弱くなっている腰の歪みを引き起こしやすくなります。

上の絵の赤い線が関節を表しています。

仙骨と寛骨の間の関節、左右の寛骨の間の恥骨結合が動きやすくなっています。

負担を掛けると最初に筋肉が硬くなり、そして様々な方向に歪む可能性があります。

歪みから恥骨に負担

骨盤が歪み負担が掛かった状態で過ごしていると、日常の動きによって恥骨結合にも負担が及びます。

 

恥骨結合は軟骨で、その周りに左右の寛骨を繋げる靭帯で繋がっているのですが、靭帯が酷使される形で負担や損傷から炎症が起こり激痛になります。

回復に時間が掛かる

出産後に体を柔らかくするリラキシンというホルモンの分泌が終われば、腰が弱くなる現象はストップするはずです。

 

ただ、出産前と出産後の体型が違い姿勢を戻すエネルギーが必要だったり、出産時に様々な器官が損傷していたとしたら回復の為のエネルギーも必要なはずです。

それらも負担と言えると思います。

 

通常なら日常で体に負担を掛けていても歪まなかった体が、少しの負担で歪んでしまうかもしれないからです。

 

なので繰り返しになりますが、出産後には負担を掛けるべきではないのです。

 

歪んでしまうと元に戻りづらいので体のケアが必要です。

これが「子供を産むと女性の体は変わる」と言われる要因の1つだと考えられます。

恥骨痛の改善

恥骨に激痛が走っているのであれば、炎症が起こっている可能性があり、対策としては安静が一番になります。

 

体は血液などが流れているので、じっとしているだけでも炎症物質が流れていきます。

半日置きに患部を軽くおしてみたり動かしてみることで痛みが変化するはずです。

 

激痛が減り安定した痛みならば、その時にすることとしては軽いストレッチや力を入れない体操がお勧めです。

筋肉を伸ばしたりすることで痛み物質が患部から流れていきやすくなります。

当院の整体がお役に立てます

病院に行っても何をしても一向に痛みが消えない場合、体の中の何かが変化していないのかもしれません。

 

痛み物質と炎症物質が患部にあるからそれらを神経が拾って脳で痛みを感じます。

 

そのあなたの痛みのメカニズムを解明し、改善する考えや技術が当院にはあります。

 

あなたの痛みを消して「チャレンジしたい!」をサポートします。

グローインペイン症候群

グローインペイン症候群とは、一般的には「鼠径部痛症候群」とも呼ばれ、ダッシュやキック動作の際に鼠径部周辺に痛みが生じ、悪化すると起き上がりや立ち上がりといった日常生活でも痛みが生じるようになります。

サッカー選手に多くみられます。

産後の恥骨痛では弱い体に負担を掛けたのが要因ですが、グローインペイン症候群では鍛えた体に更に許容量を超える負担が掛かり続けた結果、恥骨周辺に痛みが出ているのだと考えられます。

 

このような症状でも当院の整体技術がお役に立てると考えています。

福粋の整体
メリット

メリット1 原因の究明

様々な治す院に通われていても、「なんで痛くなっているのか分からない‥。」と言われる方は多いです。

 

痛くなっている理由が分からないと、人は不安になります。

同時に、痛みの原因と向き合うことは、その人にとって目を向けたくないことかもしれません。

 

私は「なんで痛くなるのか?」という部分に相当な興味がありますので、来院された方の痛みの原因究明のお役に立てると思います。


メリット2 症状の早期改善

治療しても「症状が変化しない‥。」という状態が長く続いていると治療の迷路に入り込んでしまいます。

 

症状が変化することで、ご自分の体が治ることに希望が持てるようになると更に改善しやすくなります。

ですので、症状の早期改善に取り組みます。


メリット3 回復力が安定するから再発しない

理想の回復状態になるように整体を行うことで、やがてツラかった症状が出なくなります。

 

症状が無い状態には、

・回復力が安定して働いている「治った」状態

・回復力が安定していない「治り切っていない」状態

の2パターンがあります。

 

治ると再発しなくなります。

回復力の安定の為に行っておいたほうがいいことなどを意識しやすいように施術中や施術後にお伝えします。


メリット4 理解と納得

当院の整体を受けられる方に現在の体の状態、行う整体の方向性を提案しております。

その際、整体を受けられる方が理解と納得をされているか必ず確認しております。

 

整体を受ける人と施す人が同じ方向を向いた意識で整体が進んでいきます。

些細なことも気になる時はいつでもお伝えください。


メリット5 やさしい整体

症状が出ている体は弱っています。

弱っている体に強い刺激を入れることはお勧めしません。

 

当院の整体は適切な刺激で体に負担を掛けないのが特徴です。

手の圧は「心地いい」と感じるくらいです。


メリット6 身体能力・思考力の向上のお手伝い

当院の整体は施した部分の筋肉などが柔らかくなり伸縮しやすくなり、筋力の向上が見られます。

 

血行やリンパの流れが良くなることで、痛みやしびれの改善の他に、血行不良で起こっていた頭部の循環も良くなると考えています。

 

筋力・回復力が高まっての身体能力の向上と、頭部の循環が良くなることでの思考力の向上ができると考えています。


メリット7 院長が整体します

私、坂本安楽が一人で整体院福粋を運営しています。

 

その時その時に気分よく整体できるように活動していたら、結果的に一人で全てを行う形になりました。

 

私が練り上げてきた至高の整体を受けて、皆様に年齢関係なく過去最高の健康体を作り上げていただきたいです。

 


 

 

恥骨痛を改善したい方は整体院福粋へ。

関連ページ:整体院福粋で改善

 

当院に整体に来られた方に行ってもらうストレッチはこちら。

参考動画:あんらくストレッチ

 

太田市の根本改善の整体
整体院福粋-ふくすい-

住所

〒373-0852

群馬県太田市新井町515-5

ヤマキビル1階 西側

予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

LINE VOOMで
院長の健康情報を配信中
24時間ご予約&ご相談無料