パニック障害

パニック障害の特徴

パニック障害はパニック発作が特徴で、突然、原因不明の激しい恐怖や不安を感じます。

 

パニック発作には主に以下のような症状が現れます。

・心臓の動悸が激しくなる
・呼吸困難(窒息感)
・手足の震え
・漠然とした恐怖感、不安感
・胸の痛みや吐き気
・手や顔に激しい汗をかく

突然前触れもなく、上記のような発作が起こります。

 

生活に支障が出ている状態をパニック障害といいます。

パニック発作が起きた時は「死んでしまうのではないか」と思うほど苦痛が強く、ほとんどの方は発作時には発作を回避できません。

 

激しい苦痛の末、気絶することもあります。
症状が治まり、病院でどこを調べても身体には異常はなく、その頃には苦しかった症状が完全に消えています。

 

そんな発作を何度も繰り返すことで「発作がまたいつ起こるかわからない」と不安が大きくなっていきます。そのような状態を「予期不安」と呼びます。

 

そのため、発作が起きたら困る場所や状況を避けるようになります。このような状態を「広場恐怖」と呼ばれています。
とくに、人が集まっている場所や公共の場所、電車やエレベーターの中など閉じられた空間では「逃げられない」と感じて、外出や仕事など日常生活に支障をきたすことがあります。

 

元々のパニックは死への危険を察知して生き延びるための緊急的な反応で起こります。
そのような反応で、災害や天敵など命の危機に直面した時、脈が早くなり汗をかいたり、恐怖で血の気がひき手足が震えたり、叫び逃げだしたくなったりといったパニック状態に陥ります。
これらの状態は人間が生命の危険に直面した時、そこから逃れるために本来備わったプログラムです。

 

病院でのパニック障害の治療

薬物療法
精神療法 があります。

 

薬物療法

薬物による治療の目的には、「パニック発作を起こさない」ことが第一で、次いで「予期不安や広場恐怖もできるだけ軽減させる」ことも目標になります。

 

使われる薬
抗うつ薬や抗不安薬が使われます。

 

量と回数
これらの薬の効果は人によって違うため、効果を確認しながら増減したり薬を変更したりする必要があります。
正しく効果を確認するためには、医師が定めたとおりの量と回数を守って服用してください。
急に中止すると断薬症状としてパニック発作と似た症状(めまい、発汗、吐き気など)が出てしまう薬もあります。
長く使い続けると依存性が生じてくる薬もあります。

 

様々な考えのお医者さんがいるので、薬を継続して服用する前にセカンドオピニオンをお勧めいたします。

 

精神療法

パニック障害では、薬物治療に加えて精神療法の併用も重要です。
精神療法といえど薬による治療と同じくらいパニック障害に治療効果があることが認められています。
発作が起こらなくなってきたら、苦手だった外出などに少しずつ挑戦することも治療の一環になります。

 

無理は禁物なのでお医者さんと相談しながら、ゆっくりと心と身体を休めながらとりかかってください。

 

パニック障害になる原因

原因やメカニズムは完全には明らかにされていませんが、心理的な原因のほかに脳内神経伝達物質の異常も関わっているといわれています。
過労、睡眠不足、ストレス、体調不良、心の不調や環境がパニック発作の引き金になる要因としてあげられ、家族歴があると発症リスクが高まると知られています。

 

 

整体院福粋での統計より

当院には「他院でパニック障害の治療を受けていたけれど、なかなか治らない」と言って来院される方が多くいらっしゃいます。
お話を伺うと「長く通ったけれど改善しない」「いったんは治るかに思えたがまた再発した」などのケースが多いです。

 

病院は、何年も治療を続けて「本当にもうダメだ」という状況になって本格的な治療を開始される方がいます。

 

重症になってから本格的な治療を受けたいといっても、保険治療は手間をかけて個別に治療を行いづらいシステムになっているので、多くの病院などでは手間をかけて治療できないのです。

患者さん一人ひとりと向き合って治療をしていけば治すことも可能だと思っています。

 

当院に来られるパニック障害でお悩みの方の9割は特に背中や胸、首の筋肉が本来の状態より硬くなっております。

まず身体を弛めて血液が必要な所に届きやすくなる状態にすることで心も連動して弛んでくることが多いです。

 

発症から改善の流れは、

 

ネガティブ思考をずっと続けている

自律神経に負担が掛かる

筋肉が硬くなる

筋肉に疲労が更に溜まる

筋肉が限界になり更に思考がネガティブ方向へ

当院で筋肉が働けるようにアプローチ

本来の身体に戻り、まず身体の負担が無くなっていく

循環が戻り、新しい発想で考えやすくなる

毎回同じネガティブな考えをしなくなる

考え過ぎていた脳の負担が軽くなる

 

になります。 

 

ここまで書きましたが、本当にあなたのパニック障害を治せるのはあなたなのです。
当院ではあなたがあなたのパニック障害を治せるようにサポートをするだけになります。

 

当たり前の事が見過ごされて、症状の改善に直接関係ない部分を盲目的に信頼し過ぎて翻弄されてしまうと治らない道に入り込んでしまいます。

 

治療では必要な所にフォーカスすると身体がその瞬間からポジティブ方向へ変化します。

 

最後まで目を通していただきありがとうございます。

 

パニック障害にお悩みでしたら→パニック障害を今すぐ解決する

 

太田市の重症症状専門の整体
整体院福粋-ふくすい-

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

今すぐ電話

LINE@友達追加