腰や脚が痛くてシビレもあり、病院では脊柱管狭窄症と言われた

脊柱管狭窄症で神経が圧迫されていたとしても当院で痛みや痺れを改善することができます。

痛み痺れにお困りの方はこのページを読んでみてください。

脊柱管狭窄症の症状の特徴

立ったり歩くことで、腰痛や脚の痺れを感じます。

左右の脚が痛む人もいれば、右側の脚だけ左側の脚だけ痛む人もいます。

 

立ち続ける、歩き続けることで、痛みと痺れが強くなっていきます。

人によっては5分でも歩き続けたり立ち続けることが困難になることもあります。

楽な姿勢がある

「歩いていて痛みやシビレが強くなってきた時に、その場で座ったりしゃがんだりすると楽になる。」

「前かがみでいる時は楽だ。」

 

今回取り上げている疾患には上のような楽になる姿勢やタイミングがあります。

 

上体が前に屈むと楽であり、背骨を反らしているとどんどんツラくなる現象です。

病院に行った場合

病院の検査

レントゲンを撮ったりMRIやCTなどで腰椎の神経や骨の状態を画像検査します。

腰椎には脳から伸びている神経が通るトンネルがあり脊柱管と呼びます。

 

脊柱管の中を伸びている神経の束が馬尾神経といい、馬尾神経から枝分かれした神経は神経根といいます。

神経圧迫を確認

病院ではこの馬尾神経と神経根が近くの骨や軟骨や靭帯が変形したり分厚くなることで、神経圧迫している状態を確認して脊柱管狭窄症と診断します。

脊柱管狭窄症

脊椎(背骨)の状態が悪く続くと、脊柱に変形が起こる可能性があります。

 

変形の疾患の1つが脊柱管狭窄症で、背骨の首から腰までの間であればどの部位でも起こりえます。

中年以降の人に発症しやすいです。

腰椎で起こる脊柱管狭窄症は正確には腰部脊柱管狭窄症と呼びます。

 

生まれつき脊柱管狭窄症になりやすい体質の人もいます。

病院の治療

痛み止め、ブロック注射など薬によって症状の緩和を図ります。

牽引やリハビリを行うこともあります。

 

上記の療法を行っても改善が見られない場合に、背骨の構造を一部削除して神経の通り道を確保する手術や、腰椎を固定する手術を勧められることがあります。

神経圧迫が痛みに関係ない

神経圧迫を改善する手術が成功しても痛み痺れに変化が起こらないこともあります。

手術が成功しても他の部位に痺れが出たりすることもあると聞きます。

 

また「神経圧迫がある。」と言われている人が、当院に通って痛み痺れなく過ごせるようになることもあります。

そのような事実から「神経圧迫は関係ないこともある」と考えられると思います。

 

病院で治療しても痛みや痺れが改善しなかった場合、当院の整体をお考え下さい。

脊柱管狭窄症の腰椎

脊柱管狭窄症の腰椎には骨や靭帯が分厚くなる肥厚現象が起きています。

(上の絵は肥厚が起こっている腰椎を横から見ています。)

脊柱管付近の椎間関節や椎体の端の骨の部分が肥厚しています。

 

(上の絵は肥厚が起こっている腰椎を上から見ています。)

腰椎を頭側の上から見ると、神経根と馬尾神経をサンドイッチしている後縦靭帯と黄色靭帯の肥厚、椎間関節の肥厚、椎体の骨棘などが発生しています。

 

全部の肥厚が発生していなくても神経根と馬尾神経を圧迫する肥厚した靭帯や骨があった場合に、病院では「脊柱管狭窄症で痛みが出ている」と判断しているようです。

なぜ腰椎が肥厚するのか?

(上の絵は正常な腰椎を横から見ています。)

腰椎周辺の組織が循環して働いていたら、肥厚や変形は起こらないはずです。

 

脊柱管狭窄症の肥厚が起こるのには、血行が関係していると考えられます。

(上の絵の赤線は腰椎の血管を描いています。)

腰椎の血行が悪いことで不要物質が腰椎に溜まって肥厚現象が起こっている可能性があります。

 

その前段階に、腰椎の周りの筋肉が硬くなることで、腰椎からカルシウムが抜けて弱体化するのを防ぐ為に肥厚現象が起こっている可能性があります。

 

黄色靭帯骨化症という難病も上の肥厚現象の延長線上にあると思われます。

 

関連ページ:骨粗鬆症の予防

 

腰に長期の負担が蓄積

・過去に腰椎に大きな負荷を掛けていた。

・腰痛を長年放置していた。

 

このような場合に肥厚現象と痛み痺れが起こるはずです。

肥厚現象で痛みは出ない

「加齢によって脊柱管周囲の組織が変性し、脊柱管の中の神経が圧迫されています。」

「脊柱が老化しています。」

と病院で言われた人もいるかもしれません。

 

しかし、肥厚した組織の神経圧迫では痛みは出ません。

組織の老化だけでも痛みは出ません。

 

真実はそうなのです。

 

神経が痛むのではなく、「神経が痛みを電気信号として脳に伝えるので痛む。」と医学は伝えています。

神経が圧迫されてもその圧迫で痛むことはない、と伝えているのです。

骨がズレても痛みは出ない

背骨が蛇行するような側弯症の人が背中が痛くない人がいるように、エビのように背中が丸くなったおばあちゃんが背中も腰も痛くないように、大きく背骨が曲がっていても痛みは出ません。

 

もし、交通事故などで腰椎が損傷して大きくずれた場合では痛みが出るだけでなく神経が遮断されてしまうので下半身不随にもなると考えられます。

 

脊柱管狭窄症によって組織の肥厚が最大化した場合は、神経伝達が遮断されて下半身が機能しないなど麻痺が出るかもしれません。

 

しかし、神経圧迫や骨のずれは痛み痺れに関係なく、他の要因があるのです。

痛みの原因

痛み物質であるブラジキニンが筋肉に発生して、患部に痛みが出ていると考えられます。

この状態は慢性的な痛みが出ます。

 

その他の痛みでは、筋肉が硬く縮まることで腰椎付近の骨や軟骨に負担がかかり、軟骨や靭帯に損傷が起こることで炎症物質が発生し炎症が起こっていることが考えられます。

炎症の場合は急性で激しい痛みになります。

痛み物質発生と血行不良

筋肉は疲労や負担によって縮まって硬くなり痛みが出ます。

この状態は血行が悪いです。

 

立ち続けたり歩き続けることで出る痛みもメカニズムが同じで、筋肉が硬くなることで痛み物質が発生し神経が刺激されて脳で痛みを感じるのです。

 

腰が元気な状態なら痛みは出ませんが、長期に腰に負担を掛けていることでベースが硬く縮まった筋肉に、更に負担を掛けて硬くしてしまうので急速に血行不良が起こるのです。

長期間の血行不良で肥厚が起こる

世の中の多くの院では「腰椎の周辺が肥厚することで脊柱管が狭窄し、痛みが出る。」と考えていると思います。

 

しかし当院の考えは逆で、「痛みが出ているので、腰椎が肥厚していく。」と考えます。

 

痛み物質が発生するような筋肉だから、筋肉は縮まって硬くなり、腰椎に肥厚現象が発生していくのです。

そして肥厚現象は長期間筋肉を硬くしていないと起こってこないのです。

今までの固定観念

「卵は1日1個まで」と長い間言われていたのを覚えていますか?

 

その理由はコレステロールで、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」で卵にはコレステロールが多く含まれているため「卵は1日1個まで」とされていたのです。

 

血中コレステロールには食事摂取と体内で生産されるものの2種類があります。

研究が進み、食事でのコレステロールの摂取と血中コレステロールの間に明らかな関連をがないことが明らかになりました。

 

そして2015年の基準改定によりコレステロール摂取の上限量が撤廃されました。

卵は1個までと定める理由がなくなったのです。

 

このように確信的な考えだったものが卵の場合は研究によってガラリと変わりました。

他にも健康情報の常識が変化するかもしれません。

常識の変化

全く話は変わりますが「常識の変化」に関連した言葉で、臨済宗の開祖である臨済禅師の「仏に逢うては仏を殺せ。」という禅の名言があります。

 

この言葉には続きがあり、「仏に逢うては仏を殺せ。‥略‥ 父母に逢うては父母を殺せ。‥略‥」という文言へ続いています。

 

悟りについて書いてあるようですが、意味としては、過去に確信的に学んできたことや信じてきたことを手放し、自分自身の目で物事を見ることが大切だ、という教えを表しているようです。

 

このような考え方は、自分自身が物事へ感じている価値観を見つめ直したり、自分自身の健康観の軸の再確認になると思います。

臨済禅師の言葉は人生において重要な教訓となるかもしれません。

当院の整体がお役に立てます

当院の整体技術によって硬く縮まっている筋肉を柔らかくする為に通っていただくと、痛み物質が無くなり発生しなくなります。

 

立ち続けても、歩き続けたとしても筋肉が硬くならなければ痛み物質は発生しません。

 

腰に古傷がある人は筋肉が硬くなりやすいです。

高齢の人も整体によって筋肉を弛めることで健康のサポートをすることができます。

 

皆様には健康で気分良く過ごしていただければと思います。

整体料金

初見検査 3,000円
整体 7,000円

※表示の価格は全て税込み価格となっております。

病院に通って改善しなかった方が当院では整体しやすいです。

理由はある程度、病院で治療法を試していただくと整体の方向性が絞りやすかったり、患者様が整体の価値に気付きやすくなるからです。

LINE VOOMで
院長の健康情報を配信中
24時間ご予約&ご相談無料

 

脊柱管狭窄症を改善したいならこちら。

参考ページ:脊柱管狭窄症

 

当院に整体に来られた方に行ってもらうストレッチはこちら。

参考動画:あんらくストレッチ

 

太田市の根本改善の整体
整体院福粋-ふくすい-

住所

〒373-0852

群馬県太田市新井町515-5

ヤマキビル1階 西側

予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

LINE VOOMで
院長の健康情報を配信中
24時間ご予約&ご相談無料