何十年も続く首肩こり

首肩こり症状の特徴

首、肩、背中、胸にかけての広い範囲が重く感じたり痛みが出たり人によって自覚症状は様々で、首や肩の筋肉が凝り固まった状態です。

 

肩こりの方の症状が進行していくと、首こり、頭痛、めまい、吐き気などを伴うこともあります。

首こりの方の症状が進行していくと、肩こりを併発する方もいます。

肩こりが進行していき、腰痛になる方もいます。

 

首肩こりが辛いのに我慢していると‥
適正な治療をしないで首肩こりの症状が出たり良くなったりを繰り返している方は慢性化していく可能性が高くなります。

慢性化してしまうと「いつも痛い」ので痛い状態が当たり前になってしまったり、何をしたら首肩の症状が良くなっていくのか全く見当がつかなくなってしまうこともあります。

 

首肩こりを慢性にしてしまうような身体の使い方の癖をつけてしまうと、何十年も首肩こりを患ってしまう方も少なくありません。

学生の若い頃は筋肉は柔軟なはずですが、勉強やスポーツをするばかりで身体のメンテナンスのやり方を知らずに社会人になってもずっと首肩こりに悩んでしまう方もいます。

 

整形外科・整骨院・接骨院での首肩こりの治療
医療機関は基本的に保険治療ですので、保険治療のルールとして保険適応では慢性の首肩こりは診てもらえないので実費で診てもらうことになっています。

 

・整形外科
レントゲンや必要であればMRI、筋電図、血圧測定などの検査を行います。
整形外科の中に整骨院や接骨院の設備が入っている施設もあります。

・整骨院と接骨院
整骨院や接骨院は、柔道整復師や鍼灸師などの国家資格を持つ施術者が治療を行う施設です。
マッサージや鍼灸治療などを施術していますが、整形外科のように薬剤の処方はしません。

 

首肩こりになる原因

筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷が首肩こりの原因と言われています。
首や肩の筋肉が凝り固まった状態になり、痛みなどの辛い症状が出てきます。
原因が特定できない場合もあります。

 

上記の首肩こりの原因になる要因としては以下のようなものがあります。

・長時間のデスクワーク
・下を向いて行う仕事
・眼精疲労
・運動不足
・気候変動
・遺伝
・ストレス

これらの要因を長い期間続けていると次第に筋肉が硬くなったり、循環が悪くなったり、姿勢が悪くなることもあります。

 

デスクワークなどを続けてことによる首肩こりの痛みや不快感は、もともとの体型や前かがみの姿勢を続けることで背部の筋肉が緊張して血行が悪くなることで生じます。

細かい作業やスマホ、パソコン作業では特に目を凝らした状態が続くので疲労が頭部に蓄積しやすくなります。

運動不足は、筋肉を働かせることが極端に少ないので筋肉による血管ポンプ作用が減りますので、体内の循環が悪くなり疲労物質が流れ出しづらくなります。

冬は、寒さや厚着による服の重みなどの影響で、筋肉が緊張したりこわばって血行不良が進み、肩こりが悪化しやすくなります。

 

このような筋肉の状態に、ストレスを受け続ける生活習慣が加わると、肩こりの不快感がさらに増して症状を強く感じるようになります。

ストレスは気分に通じていて、気分は自律神経に通じていますので、ストレスを受け続けていると神経が通っている背骨周辺の緊張が高まり、筋肉も緊張してきます。

 

首肩こりでは2パターンの姿勢がある
巻き肩タイプといかり肩タイプです。

 

巻き肩タイプは猫背のような両肩が前にすぼまっている姿勢です。
特に胸や首の側部、背中中央に負担がかかっています。

 

いかり肩タイプは両肩が上がっていたり、バレリーナのような背筋の通った良い姿勢です。
特に首の後ろや首と肩の間に負担がかかります。

どちらもストレートネックになっている方が多いです。

 

筋肉の緊張が続くと人によって骨格が変形することもあります。

 

骨格が変形した場合は以下のように診断されることがあります。

・ストレートネック
・変形性頚椎症
・頸椎椎間板ヘルニア
・頚肩腕症候群
・胸郭出口症候群

 

ストレートネックは首の骨が真っすぐになって負荷に弱い構造になっています。
少し無理をしても大きな負担が首にかかることがあります。
骨に付着している筋肉が通常よりも伸ばされているのが確認できます。

 

 

本来、首の骨の頸椎は緩やかな前弯のカーブを描いていますが、首周辺に負担がかかり続けることでカーブが真っすぐ(ストレートネック)になったり、後弯(スワンネック)したりします。

頸椎の自然なカーブが無いと、5 kgある頭の重さを支えるために首の筋肉に大きな負担がかかります。
首を30度前に傾けるだけで、計算では頭の重さの3倍以上の18 kgの負担が首の頸椎や筋肉にかかります。

 

その他にも首や肩の骨格が変形してしまい、首肩や手や腕などに痺れが出てしまう方もいます。

 

今まで体験したことのない急性な肩こりの場合は内臓に異変が起きている可能性もありますので、早めに医療機関で診断・検査を受けてください。

 

整体院福粋での統計より

当院には「他院で首肩こりの治療を受けていたけれど、なかなか治らない」と言って来院される方が多くいらっしゃいます。

 

お話を伺うと「マッサージしてもらっているけれど痛みが改善しない」「整骨院で3ヶ月施術を受けても、首肩こりは再発する」など、首肩こりの治療を受けてもなかなか痛みが取れないケースが多いです。

多くの整形外科や整骨院・接骨院は、保険での治療ですので首肩こりを放っておいて重症化して頸椎ヘルニアや手に痺れが出てから本格的な治療を開始される方がいます。

 

重症になったから治療を受けたいといっても、保険治療は手間をかけて個別に治療を行いづらいシステムになっているので、多くの整形外科・整骨院などでは手間をかけて治療できないのです。

 

「首肩こりは治らない」というイメージがあるようですが、多くの場合は首肩こりの原因を見誤っていたり適切な治療を行なっていないからです。
患者さん一人ひとりと向き合って治療をしていけば、短期間で治すことも可能だと思っています。

 

当院に来られる痛みでお悩みの方の9割は筋肉が本来の状態で働くようにしてあげると症状が改善されていかれます。
あなたのお身体を見たわけではないですが、「あなたの痛みは9割の確率で改善します」と言えるのです。

 

症状発症から本来の身体に戻る流れは、

筋肉が硬くなる

筋肉に疲労が更に溜まる

限界の筋肉が痛みを出す

当院で筋肉が働けるようにアプローチ

本来の身体に戻り、痛みが無くなっていく

になります。 

 

当たり前の事が見過ごされて、症状の改善に直接関係ない部分を盲目的に信頼し過ぎて翻弄されてしまうと治らない道に入り込んでしまいます。

治療では必要な所にフォーカスすると身体がその瞬間からポジティブ方向へ変化します。

 

 

最後まで目を通していただきありがとうございます。

 

首肩こりにお悩みでしたら→首肩こりを今すぐ解決する

 

太田市の重症症状専門の整体
整体院福粋-ふくすい-

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス 太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

今すぐ電話

LINE@友達追加