外反母趾の対策と考え方

お伝えしたいことは、「今より悪くしないこと。」
これが大事な考え方です。

 

・足の親指が、内側に曲がってきている
・足の親指付け根に、違和感がある

 

身体を観察した時の変化や違和感は、長く身体を使っていく上でとても大切な情報になります。
そのためには敏感に感じ取る能力が必要になってきます。

 

身体の感覚センサーを磨く、という考えです。

 

少し気なる状況で、すぐに対処改善していくと痛みで困ることが無くなっていきます。

 

ところで、いつの間にか人生100年時代になっているようです。

80代でもキラキラ輝いている女性がいますので驚きですね。

 

長い人生、自分の身体を自分で守ることを考えると‥

 

・身体の感覚センサーを磨き高めること
・身体に関連する価値ある知識を学び、そして実践すること
・自分の身体を客観的に見てくれる先生を見つけること

 

の3つが大切です。

 

定期的な健康診断や人間ドックで身体の状況を医療で客観的に数値で知ることも大切ですが、ご自分の身体を主観的に感覚でキャッチすることも大切です。

 

外反母趾の症状で

 

・長時間歩いた時に、足の指が痛くなる。
・靴によって、痛みが強くなる。

 

という症状は出ていませんか?

 

出ているとしたら、日常生活を何も変えずにいると年々悪化していくことが多いです。

 

現時点の足の状況を記録に残しておくのも状況把握になると思います。

床に立ってご自分の足を写真で1枚撮ります。

毎月撮影してみるのも確認しやすいかもしれません。

 

そうすると以外にも外反母趾改善に気付くヒントが出てくるのです。

例えば、現在の弱点や課題に気付くかもしれません。

 

改善しないで10年後、20年後、歩けない足になって初めて当院に駆け込まれてもいいと思いますが、その間不調を感じながら生活するのと快調に過ごすのとどちらがいいか判断していただければいいと思います。

 

人生100年時代です。

私たちは生まれてから、同じ身体を一生使い続けなければいけません。
健康寿命を延ばしていく意識がいいと思います。

 

あなたの身体は人生を一緒に歩む大切な乗り物なのです。

そう考えると予防が重要になるのですが、逆に言えば100年身体が持てばそれ以上養生しなくていいのです。

 

 

外反母趾の症状が進んで末期になると

 

・親指が痛くて歩けない
・足を爪先がひっかかり転びそうになる
・足の力のバランスが悪くなり歩けなくなる

 

このような症状になってしまいます。

 

 

外反母趾予防に靴選びもいいかもしれません

靴が合わないことで、足のトラブルを数々引き起こすことがあります。

人類は動物なので基本的に靴が必要ではない、という考えです。

 

アーシングという健康法として土や芝、砂の上を定期的に歩くことをお勧めいたします。

 

ただ、街中を裸足で歩くのは難しいので、靴の選び方をご紹介します。
一つの目安として参考にしてください。

 

・足の動きをなるべく邪魔しない靴を選ぶ
・靴の中敷き部分がフラットになっているものを選ぶ
・生地が薄くて軽くて柔らかいものを選ぶ

 

この基準で選んだ足に合った靴をしばらく履いてから、見た目だけで選んだ靴に1日替えてみると足の疲労度が違うことに気付きます。
逆を言うと、自分の足に合う靴に出会ってなければ、その大事な部分に気付かないということです。

 

足指、環境を良くする
上でも少し書きましたが、人間は裸足が自然です。

というわけで私は自宅では靴下を脱いで裸足の生活を行っています。

 

足の環境は足裏を確認すると解ります。

 

・硬くなっている部分
・タコのようになっている部分

 

このような箇所がある場合は、動かなくなっている部位と使い過ぎている部位があり、足の筋肉の働きのバランスが崩れています。

 

最初は足の指や足の裏だけのアンバランスですが、何もケアをされていなければアンバランスが拡大し、膝や股関節方向へ負担が強くなってしまいます。

 

トレーニング・リハビリや身体の使い方
足の健康に影響するものとしてトレーニングがあげられます。
身体のバランスが良くなるように毎日のトレーニングや意識が必要です。

 

先日、テレビを観ていたら富士山の登山客をテーマにした番組をやっていました。
色々な登山をされる方がいましたが、その中に1人、裸足で富士山を上っている方がいました。

ディレクターが裸足で登山している理由を尋ねると、男性は「最初は膝が痛くてスポーツが出来なくて困っていました。裸足でトレーニングしてみると次第に膝痛が無くなったのです。」と答えていました。

 

それは、靴を履いていることで大きなクッションが足裏にあり、どんな着地の仕方をしても足にダメージを感じない状態だったのだと思います。
その繰り返しで足の使い方のバランスが崩れ、その負担が膝に向かっていた可能性があります。

 

素足ならば足の着地を敏感に感じてしまうので、地面を素足で歩くことで自然な形で足を使うことができるのではないでしょうか。

その男性は他の山も裸足で登山しているようでしたが、大体の方は当たり前ですがそこまでは真似できないと思います。

 

ただ、このような男性を良い例に、足の使い方を意識したりトレーニングが膝の改善には大切なのです。

 

意識は、1日では身につきません。

 

ですので、当院に通っていただいて身体だけではなく意識も変化させることも必要かもしれません。

膝の改善方法のまた新たな一面を見て改善の兆しを予感してみてはいかがでしょうか。

 

症状発症から本来の身体に戻る流れは、

筋肉が硬くなる

筋肉に疲労が更に溜まる

限界の筋肉が痛みを出す

当院で筋肉が働けるようにアプローチ

本来の身体に戻り、痛みが無くなっていく

 

になります。 

 

当たり前の事が見過ごされて、症状の改善に直接関係ない部分を盲目的に信頼し過ぎて翻弄されてしまうと治らない道に入り込んでしまいます。

 

治療では必要な所にフォーカスすると身体がその瞬間からポジティブ方向へ変化します。

 

 

最後まで目を通していただきありがとうございます。

 

太田市の重症症状専門の整体
整体院福粋-ふくすい-

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

今すぐ
ご予約頂けますと
初回 カウンセリング+施術が

初回限定

予約多数の為先着6名のみ

→残り

※只今ご予約が非常に取りにくくなっております。
早期にキャンペーンが終了することがございますのでご了承ください。

LINE@友達追加