足底筋膜炎

足底筋膜炎の症状の特徴

足底やかかとの部分に痛みや不快感を引き起こします。

足底の痛み : 主な症状として、かかとの下部や足のアーチ(土踏まず)の部分に鈍い痛みや刺すような痛みが現れます。特に長時間の歩行・スポーツ・立ち仕事の後に痛みが強くなることがあります。

朝起きた直後 : 朝起きた際に足底の痛みやこわばりを感じることがあります。この状態はしばらくすると緩和されることが多いです。

歩行時の痛み : 特に最初の数歩や長時間の歩行後に痛みが増すことがあります。一度温まると痛みは軽減することがあります。

足底の腫れ : 炎症が進行すると足底に軽度な腫れが現れることがあります。

 

これらの症状が足底筋膜炎の特徴的な症状ですが、痛みや症状の程度は個人差があります。

足を使わないでいる時はあまり痛みを感じません。

足底筋膜炎とは

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは、足裏のかかとから足指の付け根をつなぐ線維が炎症を起こした状態で、炎症によって痛みが生じます。

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)と呼ぶこともあります。

足裏の細かな筋肉や足底筋膜に過剰な負荷とストレスが加わることで、足底筋膜が炎症します。

足底筋膜は、足への衝撃を緩和させるクッションの働きもしています。

スポーツをしない方でも、発症することがあります。

足底筋膜炎になる要因

足底筋膜炎の要因は以下のようなものです。

使い過ぎ・疲労

歩く、走る、跳躍する等を繰り返し、負担が足の限界を超えることで発症します。

また同じ負荷の掛け方をしてもならない人もいます。

足の柔軟性低下

足の筋肉が伸縮しづらく硬くなり柔軟性が衰えている場合も発症します。

足首や足指の動きが悪くなり柔軟性が失われていると、負荷を受け止めにくくなります。

扁平足

足裏のアーチは衝撃吸収のための役割があります。

アーチがバネの機能を果たしているからです。

扁平足で足底や足指の筋肉が伸縮しづらい人の場合は、足の不調を起こす可能性が高くなります。

浮き指

浮き指は足の指が地面を捉えずに反らせる状態で浮いてしまって足裏に負荷をかけ続けています。

このような方は足底筋を緊張させているだけでなく、膝や腰も悪くなっている方が多いです。

足部の筋力低下

足部には細かい筋肉が無数にあり、足を安定させたり、全身の力を発揮させるために縁の下の力持ち的な役割を果たしています。

一つ一つの筋肉が小さくても、これらの小さい筋肉の筋力が低下することで、足が機能低下します。

靴が足に合っていない

硬く重い靴だったり、靴底がすり減っていたり、足にフィットしていない靴を履いている場合、足底や足指は靴に足を合わせる為に余計にエネルギーを消化します。

 

タコが出来たり、足の疲労の原因となります。

足の疲労が続くと足の筋肉が伸縮しづらく硬くなっていきます。

足底筋膜炎を放置すると

足底筋膜炎の痛みが悪化してかばっていると、体全体のバランスが崩れ他の部位にも負担を掛けて、足首が痛くなったり膝が痛くなったりしていきます。

踵骨棘

足底筋膜が硬くなっても放置していると、組織が傷つき変性が進んで行きます。

何度も患部が引っ張られ、ストレスを受けることでかかと近くの腱に異変が生じ、レントゲンでも痛みの元が確認できる状態になっていきます。

このかかとが痛い状態は、踵骨棘(しょうこつきょく)と呼ばれます。

足底筋膜炎が治らない

一般的な治療法を受けたとしても治らない場合があります。

 

一般的な治療では、

・病院で患部への注射や薬

・ふくらはぎのストレッチ

・患部のマッサージ

をする事があります。

 

痛みを解消することだけを目的とした治療をしている場合、根本治療にはならないかもしれません。

 

「なぜ、足底に炎症が起きたのか?」

そこに注目しないと、足裏に炎症が起きる症状は根本から解消されないかもしれせん。

あなたが当院を選ぶ
メリット

 

メリット1 原因の究明

様々な治す院に通われていても、「なんで痛くなっているのか分からない‥。」と言われる方は多いです。

 

痛くなっている理由が分からないと、人は不安になります。

同時に、痛みの原因と向き合うことは、その人にとって目を向けたくないことかもしれません。

 

私は「なんで痛くなるのか?」という部分に相当な興味がありますので、来院された方の痛みの原因究明のお役に立てると思います。


メリット2 症状の早期改善

治療しても「症状が変化しない‥。」という状態が長く続いていると治療の迷路に入り込んでしまいます。

 

症状が変化することで、ご自分の体が治ることに希望が持てるようになると更に改善しやすくなります。

ですので、症状の早期改善に取り組みます。


メリット3 回復力が安定するから再発しない

理想の回復状態になるように整体を行うことで、やがてツラかった症状が出なくなります。

 

症状が無い状態には、

・回復力が安定して働いている「治った」状態

・回復力が安定していない「治り切っていない」状態

の2パターンがあります。

 

治ると再発しなくなります。

回復力の安定の為に行っておいたほうがいいことなどを意識しやすいように施術中や施術後にお伝えします。


メリット4 理解と納得

当院の整体を受けられる方に現在の体の状態、行う整体の方向性を提案しております。

その際、整体を受けられる方が理解と納得をされているか必ず確認しております。

 

整体を受ける人と施す人が同じ方向を向いた意識で整体が進んでいきます。

些細なことも気になる時はいつでもお伝えください。


メリット5 やさしい整体

症状が出ている体は弱っています。

弱っている体に強い刺激を入れることはお勧めしません。

 

当院の整体は適切な刺激で体に負担を掛けないのが特徴です。

手の圧は「心地いい」と感じるくらいです。


メリット6 身体能力・思考力の向上のお手伝い

当院の整体は施した部分の筋肉などが柔らかくなり伸縮しやすくなり、筋力の向上が見られます。

 

血行やリンパの流れが良くなることで、痛みやしびれの改善の他に、血行不良で起こっていた頭部の循環も良くなると考えています。

 

筋力・回復力が高まっての身体能力の向上と、頭部の循環が良くなることでの思考力の向上ができると考えています。


メリット7 院長が整体します

私、坂本安楽が一人で整体院福粋を運営しています。

 

その時その時に気分よく整体できるように活動していたら、結果的に一人で全てを行う形になりました。

 

私が練り上げてきた至高の整体を受けて、皆様に年齢関係なく過去最高の健康体を作り上げていただきたいです。

 


LINE VOOMで
院長の健康情報を配信中
24時間ご予約&ご相談無料