股関節が痛くて歩きづらい

股関節痛の症状の特徴

発症初期は脚の付け根の股関節にはほとんど痛みはなく違和感が続きます。

 

やがて股関節の付け根の前部・側部・後部などに痛みを感じるようになります。
立ち上がる時や歩き始める時にズキッとした痛みを感じます。股関節の痛みによって階段の上り下りもしづらくなります。
股関節の周辺の筋肉がこわばり、股関節の動きが悪くなっている状態です。
股関節の可動域が狭くなることによって靴下を履く時、足の爪切り、正座や和式トイレなどの動作が難しくなります。

 

進行するにつれ、痛みを大きく長く感じるようになっていきます。
やがて真っすぐに立つのが辛くなり、安静にしている時も激しい痛みが出たり、夜寝ている時の痛みで目が覚める場合もあります。
このような状態では片方の骨盤が傾き、脚の長さに左右差が出ています。

股関節痛は女性の方が多いのが特徴です。

 

病院での股関節痛の検査

レントゲンを撮ったりMRIやCTなどで股関節付近の骨の状態を画像検査します。

 

病院での股関節痛の治療

保存療法や痛み止め、ブロック注射、リハビリなどによって症状の緩和を図ります。

上記の治療をしても改善が見られずに生活を送ることが困難な場合は人工関節などの手術を勧められます。
生活に問題が無いのに手術を勧めてくる医者に出会ったらセカンドオピニオンをお勧めします。

 

股関節痛になる原因

原因が特定された場合に多く見られるのは、変形性股関節症とリウマチです。
原因が特定できない場合もあります。

 

変形性股関節症
生まれつき股関節の骨の形に異常がある臼蓋形成不全や股関節形成不全によって発症するケースで、肩こりや腰痛が起きやすい年代になって発症する場合もあります。

股関節に問題が無くても、長年、股関節に負担のかかるスポーツ、肉体労働などを続けるうちに少しずつ軟骨がすり減り、ある時点で痛みなどの自覚症状となって現れるケースもあります。

リウマチ
関節が炎症を起こし、手足の関節が腫れたり変形します。
リウマチは、股関節だけではなく、全身に症状が出る病気です。
発症した初期の段階では、熱っぽい、食欲がない、全身がだるい、朝起きると関節の周囲がこわばる…などの症状が見られます。

手の指などの関節が腫れる女性が多く、全身の関節に痛みが広がる可能性があります。
症状が進行した場合は、骨や軟骨が破壊されて関節が動かせなくなり、日常生活に支障をきたすほどの重篤な症状を引き起こします。

リウマチになる原因は明らかになっていません。
手足の指関節が腫れたら早めに医療機関で診断・検査を受けてください。

 

股関節に原因がある股関節痛は少ない!?

人は立って歩ている以上は、股関節はもちろん、腰、骨盤、足関節、膝、すべてに負担がかかっています。
股関節痛の方は、股関節のみが悪いのでしょうか?

 

各部に負担がかかっているのに股関節だけが悪いわけがないのです。

 

姿勢の悪化が各関節への負担を高め、最終的に筋肉の硬い収縮を引き起こし続けたり、筋肉が偏った使われ方をして股関節痛を引き起こします。

股関節の周囲の筋肉が収縮し緊張した状態に維持されているので、血行が悪くなったり筋肉が動かないので更に周囲に負担を掛けることで起こります。
この緊張を解かなければ、股関節の痛みが改善することはありません。

 

ですので股関節痛が出ている時には股関節だけを診ているのでは改善しません。

 

生まれつき股関節の形成異常があり股関節が不安定な場合はベースに『股関節に負担がかかりやすい癖』がありますので、慎重に見極めながら施術を行わなければなりません。

 

股関節の可動域が狭くなる

股関節に何も問題のなかった方が身体に負担をかけた生活で股関節を酷使してきた場合、痛みと炎症、痛みの無い期間を繰り返していることが多いです。

 

そのような痛みと炎症の期間を繰り返して経験していると、股関節に大きな負担がかかり、股関節が変形していきます。この時に画像診断を受けると変形性股関節症が発覚します。
変形してしまった股関節の可動域は狭くなります。

 

痛みが無い時でも、しゃがめない、脚を後ろに伸ばせない、あぐらをかけないなどの股関節の可動域の制限が発生してしまいます。

 

当院での治療で痛みは改善しても可動域が元のように戻らない可能性はあります。

 

整体院福粋での統計より

当院には「他院で股関節痛の治療を受けていたけれど、なかなか治らない」と言って来院される方が多くいらっしゃいます。

 

お話を伺うと「整形外科で、電気、痛み止めやシップをもらっているけれど痛みが改善しない」「接骨院で3ヶ月間マッサージを受けても、股関節は痛いまま」など、股関節痛の治療を受けてもなかなか痛みが取れないケースが多いです。

 

多くの整形外科や接骨院は、保険での治療ですので股関節痛は股関節の障害によるものと考えて股関節の治療にあたるため股関節痛が改善されないことがあります。

保険治療は手間をかけて個別に治療を行いづらいシステムになっているので、多くの整形外科・整骨院などでは手間をかけて治療できないのです。

 

股関節の痛みはなかなか治らないというイメージがあるようですが、多くの場合は股関節の痛みの原因を見誤っていたり適切な治療を行なっていないからです。
患者さん一人ひとりと向き合って治療をしていけば、短期間で治すことも可能だと思っています。

 

当院に来られる痛みでお悩みの方の9割は筋肉が本来の状態で働くようにしてあげると症状が改善されていかれます。
あなたのお身体を見たわけではないですが、「あなたの痛みは9割の確率で改善します」と言えるのです。

 

症状発症から本来の身体に戻る流れは、

筋肉が硬くなる

筋肉に疲労が更に溜まる

限界の筋肉が痛みを出す

当院で筋肉が働けるようにアプローチ

本来の身体に戻り、痛みが無くなっていく

になります。 

 

当たり前の事が見過ごされて、症状の改善に直接関係ない部分を盲目的に信頼し過ぎて翻弄されてしまうと治らない道に入り込んでしまいます。

治療では必要な所にフォーカスすると身体がその瞬間からポジティブ方向へ変化します。

 

最後まで目を通していただきありがとうございます。

 

股関節痛にお悩みでしたら→股関節痛を今すぐ解決する

 

太田市の重症症状専門の整体 整体院福粋-ふくすい-

住所 〒373-0852 群馬県太田市新井町515-5 ヤマキビル1階 西側
予約 完全予約制とさせていただいております。
※ご予約の変更は必ず前日までにご連絡ください。
電話 0276-60-5024
アクセス

太田市役所より徒歩1分。
院前に駐車スペース有り。

当院にご来院の際は守屋建設さんとおおぎやラーメンさんの駐車場に停めないでください。

今すぐ電話

LINE@友達追加